【能作】ぐい呑 - 金箔
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

【能作】ぐい呑 - 金箔

¥5,390 税込

送料についてはこちら

内側に貼った金箔が華やかな錫(すず)製のぐい呑です。金沢を代表する伝統工芸品、金箔とコラボレーションしました。 金箔の輝きがより一層日本酒を引き立てます。熱伝導率が高く器自体が熱くなるため、冷酒やぬる燗などにご利用ください。錫100%のためやわらかく機械作業に向かないため、一つ一つ職人の手で仕上げられたぐい呑は、金沢の職人の手によりまた一枚一枚金箔を貼ることでやっと完成します。 高級感のある仕上がりは、お祝いの席や贈り物などにもおすすめですよ。約90cc入ります。 サイズ  H44 φ67 mm 容量 約90cc 箱サイズ  H50 W79 D79 mm 重さ(箱含む)  143g マテリアル  錫100%、金箔 箱仕様 化粧箱 ※サイズはmmでの表記となります。 ※Hは底面から縁までの高さとなります。厚みではありません。 ※全て手仕事で製造しているため、  サイズ・容量・重さ・風合には個体差があります。 【能作】 より能(よ)い鋳物を、より能(よ)く作る 江戸時代より400余年の歴史を刻んできた高岡銅器の伝統を受け継ぐ鋳物メーカーである能作。 高岡銅器は、原型師が像の元となる雛型の造型を行い、それを砂でできた鋳型に置き換えます。 そして、その鋳型に溶解した銅を流し込み、型を外して研磨・着色・彫金(彫刻・象眼)といった加工を施した後、仕上げを行ってやっと製品が完成します。 それぞれの工程は分業化され、どれも卓越した技術が必要です。 能作は、こういった昔ながら鋳造技術を受け継ぎつつ、新しい素材・技術研究や商品開発に取り組んでいます。 ~錫~ 錫は金・銀に次ぐ高価な金属です。 水が腐食しない、酒の風味がまろやかになるなど、すぐれた抗菌作用とイオンの効果があり、古くから茶器や酒器の材料に用いられてきました。 100%の錫はとても柔らかく、形状にもよりますが手で簡単に曲げられます。 この特性を生かした曲がる「KAGOシリーズ」の他、テーブルウェア、花器などの幅広いラインナップで、暮らしのさまざまなシーンに彩りを添えています。