【syouryu】 すずがみ かざはな 24×24
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/14

【syouryu】 すずがみ かざはな 24×24

¥10,670 税込

送料についてはこちら

鍛金職人がひとつひとつ手打ちで模様を施した、自由に曲がる錫の器です。 一番大きな24×24は、サラダを盛りつけたり、お蕎麦を盛りつけたりと、大勢で取り分けに使用出来る大きさです。 また、縁を大きく立ち上げて植物を入れる等、様々な使い方が出来ます。 「すずがみ」は、折り紙のように簡単に折ったり曲げたり出来る錫製のアイテムです。 何回も圧延を繰り返し、金鎚で叩くことにより通常の錫の板とは違い、曲げ伸ばしによる劣化を少なくしました。 熟練の職人がリズミカルに叩いた錫の板は、金属層が幾重にも重なり合い繊維状になって、折り曲げによる金属疲労の度合いが減っています。 食器としてはもちろんのこと、小物を置いたり、花器として使ったり、用途は多彩です。 使う人自らが形づくり、楽しみながら様々なシーンでご使用ください。 模様:かざはな    雲の少ない晴れた日に舞う雪    その雪が積もった様な鎚目 素材:錫(圧延) サイズ:24×24(cm) 動画 https://www.youtube.com/watch?v=lWjBHSNgpaI 【syouryu】 「syouryu」は、明治42年創業以来、寺院用のりんを専門に製造しているシマタニ昇龍工房の新ブランドです。 当工房は、全国に10人に満たないりん職人が3人おり、「金槌で叩く」ことより板を絞り、丸みを整え、音を調律することでりんを制作しています。 ~すずがみ~ 「高岡らしく、鍛金職人らしく、そして生活の中で使うことのできる新しいプロダクトを作る」 その考えが新ブランド・新商品の誕生へとつながりました。 「すずがみ」と名付けたその商品は、その名の通り、紙のように薄くて自由に曲げることのできる新しい錫商品の提案です。 圧延された錫の板を繰り返し金鎚で叩くことで、模様を付けるだけではなく、繰り返し曲げることに耐えられる強さを備え付ける、鍛金職人ならではの商品となりました。 金属なのにスーッと自由に曲がる、すずがみの新しい感覚をお楽しみください。 ※ひとつひとつ手仕上げをしているため、商品には個体差がございます。 ※お客様のお使いのモニター設定、お部屋の照明等により実際の商品と色味が異なる場合がございます。